厚木ではたらく社長のBLOG

平日21時毎日更新

もし20代で自分の将来に不安を抱えていたら

f:id:yuuyuu423:20191022042803j:plain

こんにちは!

 

厚木ではたらく社長です。

 

前回は

映画に出演する夢が叶った裏話

https://www.yuya.blog/entry/thema3

 

ということで、

 

現在僕は俳優業もやっていて、映画に出演する夢が叶ったよ、という話をしました。

 

 

今回はその続きとして

 

 

「もし20代で自分の将来に不安を抱えていたら」

 

 

というテーマで話をしていこうと思います。

 

 

これを読むことで

 

「20代のみなさんの悩み

特にキャリアに関しての不安が少しでも解消できたらいいな」

と考えて書いていきますので

 

 

ぜひ、よかったら最後までご覧ください!

 

 

もし20代で自分の将来に不安を抱えていたら

 

 

20代は色々悩んだり、立ち止まったりすることが多くなる時期だと思います。

 

 

もちろん、ぼくも色々めっちゃ悩んで

 

たとえば

悩みすぎて、就活真っ最中の時期にセブ島に逃避したっていう経験もあるくらいです。

 

 

20代は

 

「はじめて真剣に将来を考える時期」

 

とか

 

「激動の10年間」

 

とか言われるように

 

 

いきなり社会に解き放たれるし、ライフステージが目まぐるしく上がっていくしで

 

 

ほんと大変なんですよね。

 

 

 

だから悩んだり、考えたりすることが多くなるのは当然のことです。

 

 

 

大学を卒業して、就職して、社会人になって

社会に揉まれて

 

 

ある程度社会に慣れてきたら、次は転職考えはじめたり、貯まったお金で留学しようとか

 

 

それで、後半には結婚などもぼちぼち考えだしたりなどして

 

 

 

考えるべきことは単純に仕事のことだけじゃなくて

 

 

けっこうな複雑系になってます。

 

 

 

 

もちろん悩みや考える量は個人差ありますが

 

 

僕は結構色々考えてしまう方だと思うんですよね。

 

 

 

なので、

 

せめて

 

「キャリアのことだけでもスッキリ考えたい

そのためにはどうしたらいいか」

 

ってのを

 

模索してたんです

 

 

それで

 

 

ある考え方と出会ってから

 

 

キャリアに関しての悩みは、結構単純に考えられるようになりました。

 

 

それが

 

 

『20代はバラエティ』という考え方です。

 

 

 

 

20代はバラエティ

 

 

 

この考え方は

社会派ブロガーのちきりんさんのブログで出会いました。

 

 

 

『キャリアのVSOP』

https://chikirin.hatenablog.com/entry/20120414

 

そのまま引用します。

 

<V:20代はバラエティ>

20代で大事なことは、とにかく多彩な経験を積むこと。

自分が何に向いているか、やってみないとわからない。

あまり頑なに「自分はこれが向いているはず」と思い込み、それ以外のコトは見ない、触れない、みたいな生活をしないこと。

小さい頃から憧れてた職業に就くこと以外なにも試さない人がいるけど、世間をまったく知らない子供の頃の夢に固執しすぎるのもどうかと思う。

それは天職かもしれないが、単なる子供っぽい思い込みかも知れないのだから。

20代にあれこれやってみるのは、決してリスクなんかじゃない。

多彩な世界に触れること、バラエティを保つこと、視野を広め、見えている世界をできるだけ広げておくこと、そして大いに迷うこと、20代ではそれが大事、という話。

 

 

 

 

てことですね。

 

 

そして、

 

 

一応、紹介すると30代にはこのように続きます。

 

 

<S:30代はスペシャリティ>

30代は、20代で経験したいろんなことの中から「オレはコレで行く!」という分野を見定め、その分野に集中して専門性を高め、「この分野ならあいつ」と言われるよう知識、スキルを築いていくべき時期。

この時期に自分の「コア」を作る、「何の専門家なのか」を明確にする。それが大事、という話。集中と深掘りの30代。

反対にいえば、30代(30才から39才まで)の間にまだ「あれにしようか、それともこっちに行こうか。オレは何をすべきなんだ?」とか言ってたらダメですよ、ってこと。

30代になったら迷わない。そのためにも20代でやりたいことをすべてやって、ちゃんと迷っておかなくちゃいけない。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

僕はこの考え方をベースに

 

 

キャリアを考えています。

 

 

 

みなさん色々悩んだり、考えることがあって

 

 

「この職場のままでいいのか」

 

とか

 

「もっと自分に合っている職業があるかもしれない」

 

とか

 

「そろそろ転職しようか迷う」

 

とか

 

ありますよね。

 

 

僕も就活のとき

 

「本当にこれが自分のやりたいことなのか」

 

って悩みました。

 

 

でも

 

正直、こういうこと考えてるとかなり消耗するし

 

他のことが上の空みたいになったり

 

 

あと、

 

今考えるとまだやってみたこともない段階で

 

「これで正解なのか」

 

などは考えるだけ無駄なんですよね。

 

 

だから、

 

僕はいっそのこと

 

『20代はバラエティ』に従って、

 

年齢で区切ろうと

 

セブ島から帰ってきたときに、決めました。

 

 

 

そのおかげで

 

悩むタイプだった僕でも、キャリアに関しては結構単純に考えられるようになったかな、と思います。

 

 

 

 

僕にとって20代はバラエティなので

 

 

関東に進出したり、かばん持ちやったり、起業したり、俳優やったり

 

何やってもいいんです。

 

 

実は、いま大手企業からお誘いの連絡なども頂いているので

 

 

これからまた会社員として働いてみても面白いなと考えてます。

 

 

まとめ

 

もし、

「20代でキャリアなどで悩んでて苦しいよー」 

という方や

 

自分の将来に不安を抱えている方などは

 

『20代はバラエティ』

 

という考え方を

 

悩みを解決するひとつの手段としてとりいれてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後に

 

どんな考え方であろうと

 

 

共通して20代で大切なことは

 

「今を一生懸命生きること」

 

「楽しいことをやること」

 

だと僕は考えてます。

 

 

 

ではまた明日。