厚木ではたらく社長のBLOG

平日21時毎日更新

やりたいことだけしたほうがいい理由

 

f:id:yuuyuu423:20191022042746j:plain

こんにちは!

 

厚木ではたらく社長です。

https://kaitori-kibo.com

 

 

今回のテーマは

「やりたいことだけしたほうがいい理由」

 

 

ということでいきましょう。

 

 

それで、まず先にこのテーマの結論から話すと

 

「やりたくないことに時間を費やすのは無駄でしかないし、自由にもなれないから」

 

ってことになります。

 

 

 

では、さっそく本題にはいっていきます。

 

 

例えば

僕は「出来るだけやりたくないことはやらない」というように、大学生のときから決めていて

 

そのやりたくないことは

 

・仕事のことだったり

・人との付き合い方だったり

・時間の使い方だったり

 

色々あるんですけど、

 

嘘かと思われそうですが、本当に仕事でさえやりたくないことはやらないを貫いてきました。

 

 

 

で、こういう感じで生きてると

 

周りの人から

 

「そんなんで将来大丈夫なの?」とか

「好きなことしかやらないとか、わがままでしかない」

 

とかたまに言われたりするんですけど

 

 

からしたら

 

心配してくれてありがとうございます。

けど本当に大丈夫なんでもう心配しなくて大丈夫です。と言った感じです。

 

 

実際この心配も、僕のことを本心から考えて言ってくれているのならありがたいんですけど、

 

 

おそらく、きっと違いますよね。笑

 

 

やりたいことをやってる人の方が成長する

 

では、「やりたいことしか、やらない」ようにした理由は何かという話ですけど

 

もちろん、単純に楽しくないから嫌だという理由もありますが

 

もう少しらしく言うと

 

「やりたいことと、やりたくないことの費やした時間が同じなら、圧倒的にやりたいことの方が得るものが多い」

 

と考えてるからです。

 

 

「やりたくないってことも、我慢してやり通せば必ず得るものはある」

 

みたいな主張も分からなくはないし、時には我慢も必要な場合は正直あります

 

しかし

それをいつまで我慢するかですよね。

 

石の上にも3年のように

3年間やりたくないことを、我慢してやり続けた人と

 

3年間やりたいことを、やり続けた人では

 

どちらがより成長しているでしょうか。

 

 

おそらく、

 

3年間やりたいことをやり続けた人ですよね。

 

我慢しながらやってることって

人は辛いと感じるし、進んで学んだりしない

 

反対に

人は好きなことをやっているときは

時間も気にせず、自ら調べたり、実践したりするのですから。

 

 

やりたくないことをやり続ける人生は不自由

 

よく言われるように自由の種類は3つあって

 

・精神的自由

・経済的自由

・時間的自由

 

があります。

 

これらは嫌いなことを我慢してやってるうちは絶対に達成できないです。

 

逆にやりたいことを追求し、それを仕事にすればお金として返ってきます。

 

好きなことであればより大きな価値を提供できるので、経済的自由を達成しやすいですし、

 

精神的自由も得やすいです。

 

時間的自由は働き方しだいですが。

 

 

やりたくないことは徐々に減らしていく

 

とは言っても、

 

やりたくないことでも、どーしてもやらなくてはいけない場面だったり

 

嫌でも、断りにくいことってあるじゃないですか

 

僕にも当然あります。

 

なので、

 

おすすめのやり方としては

 

「やりたくないことを紙に書き出して、徐々にやりたくないことを減らしていく。」

 

そうすることで、

 

いつのまにか、やりたくないことが自然と自分の身の回りから消えていきます。

 

これ僕もやってます。

 

今では、本当にやりたいことばかり出来るようになってきてるので、毎日割と楽しく暮らせています。

 

 

まとめ

 

てことで、

 

今回のはなしまとめると

 

やりたいことだけしたほうがいい理由は

やりたくないことに時間を費やすのは無駄でしかないし、自由にもなれないからであって

 

 

その解決策としては

やりたくないことリストを作って

徐々に身の回りからやりたくないことを減らしていこう

 

こんな感じですね。

 

 

 

ではまた次回!