厚木ではたらく社長のBLOG

平日21時毎日更新

IPOのメリット、天井が広くなったことについて

f:id:yuuyuu423:20191022042833j:plain

みなさんお疲れ様です!

 

厚木ではたらく社長です。

https://kaitori-kibo.com

 

 

先日、僕と同じ北海道出身で、東証一部上場企業の創業メンバーで役員の方と食事をご一緒し

 

IPO(上場することと考えてもらって大丈夫です)

までの話や、その時の苦労や得たもの、会社でのマネジメント方法など沢山のことを本音で語って頂き

 

新たな知見をリアルな感覚で得ることができました。

 

本当に感謝です。

 

 

今回の機会を通じて

 

人から話しを聴いたり、本を読むなどして

 

様々な経験をや今まで知らなかったことを知るというのは本当に大切なことだな、と改めて感じました。

 

 

今回は

役員の方々がおっしゃっていたことの中で、印象深かったものを

僕のメモ代わりとしてというのもありますが

共有しておきます。

 

 

IPOをすることでどんなメリットがあるか

 

IPOのことを僕自身あまり、詳しくはないのでちゃんとした説明はできませんが

 

ざっくりいうと

 

「未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させること」

で大丈夫だと思います。笑

 

 

 

ということなので、IPOすると

 

なんでもなかった株券が、有価証券になって、

 

株主によって売り買いされるようになり、

資金調達が容易になる反面、会社の利害関係者が増え、株主総会での負担や、経営に関して説明する義務なども求められるようになったり

3ヶ月ごとに決済を発表しないといけなくなることも

あったりなど

 

 

とにかく今伝わってほしいことは

 

 

 

IPOってかなり面倒なことが多いということです。笑

 

 

 

もちろんIPOさせるまでの準備とかも半端なく大変

 

 

そこで、

 

「そこまで苦労してIPOをすることにメリットがあるのか」を教えてもらったんですけど

 

 

 

"想像以上の地位と名誉が手に入る"

 

 

ほんとそれだけ、とおっしゃっていました。笑

 

 

 

しかし、その名誉というのが確かに素晴らしくて

 

 

まず、IPO

相当な利益を生み出すサービスを作ったものにしか出来ない、正真正銘の選ばれし者になります。

 

 

そうなれば、

まずビジネス界で会えない人がいなくなります。

(但しソフトバンク孫正義さん、ユニクロ柳井正さんは除く。別格らしいです。)

 

 

 

講演会も呼ばれるようになりますし、

 

 

 

あとめっちゃモテるらしいです。笑

 

 

ということで

 

役員の方が何度も「上場いいぞー」「上場興味ないの?」と声をかけてくれたおかげで

 

すっかり

 

IPOに興味が湧いてきました。

 

 

 

最後にまとめますが

 

 

今回のような話を聴くことができて

 

僕の見えてる天井の景色がもっと広がりました。

 

 

北海道帰った後には、サードプレイスとなるカフェや、親子で楽しめるカフェをつくったり、地元苫小牧で会社を立ち上げ、どうにか最高のサービスをつくることで雇用の創出や人口増加に貢献し、税金もたくさん市に納めることにします。

 

ではまた明日!