厚木ではたらく社長のBLOG

平日21時毎日更新

「日常」の脆さと「非日常」の意味

 

 

f:id:yuuyuu423:20190830180048j:plain

 

「なんてことのない日常」があること、それはとても素敵でかけがえのないことだ。

 

 

 

仕事終わり、その足でいつもの居酒屋に行き、気のおけない仲間となんてことのない会話でワイワイ盛り上がり、軽く酔っ払って帰宅。そのままベットに飛び込みスマホを確認、シャワーを浴びて、Netflixでお気に入りの映画を鑑賞。

 

 

 

自分にとって、なんてことはないけれど壊したくない、平凡で幸せな日常。

この日常を守りたいと心の底から思っている。

 

 

 

 

 

ただ同時に、このなんてことのない「日常」がとても壊れやすい、ということも忘れてはいけない事実だと思う。

 

 

クラスメイトから突然冷たい目で見られるようになったり、大切な人が自分から突然離れたり、大切な人をなくしたり

 

「なんてことのない日常」の終わりはとても容易く訪れる。

 

 

 

そんなことを考えていると

 

 

 

人が旅行やイベントなどで

 

「非日常」を求めることの意味についても考え始める。

 

 

「非日常な経験がしたい」と思うのは、

 

今の日常に満足していないからなのだろうか。

 

それとも、

 

今の日常をあらためて大切なものだと噛みしめるために、あえてそう思うのだろうか。

 

それとも、、、

 

 

とにかく、それがどんな意味であろうと

 

 

 

僕は

 

人が「非日常」を求めることの意味は、

 

大切なことはいつだって見失いがちで、

 

それを見失わないためにもちゃんと「非日常」を味わうことは大切なのだ、と思っている。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

今朝

 

 

僕にとって

 

 

最も大切なパートナーが動かなくなりました。

 

 

 

 

 

f:id:yuuyuu423:20190827004403j:image

 

 

 

Appleストア新宿 にて

 

修理費

6万8千円〜

 

修理期間

1週間以上

 

サムネイルの画像編集やその他諸々の仕事がしばらくできなくなりました。

 

 

 

日常が非日常となりました。

 

 

END