厚木ではたらく社長のBLOG

平日21時毎日更新

第3話 本音⑵ 〜ぼくは夢を証明しようと思う。〜

f:id:yuuyuu423:20190819210506j:plain

 

前回のぼく夢はこちら

第2話 本音⑴ 〜ぼくは夢を証明しようと思う。〜

 

 

こんにちは!

 

厚木ではたらく社長です。

 

いつも

『厚木ではたらく社長のブログ』を読んで頂きありがとうございます!

 

アクセス解析で1日にどれくらいの方に来ていただいているかというのがわかるので

 

その数字を餌にブログをコツコツ書いているといった感じです、励みになります感謝です。

 

ところで、

 

もう少しでブログの記事数も50に達するので

 

そろそろ、ブログを始めた当初より

 

文章がスラスラと書けるようになったりしてもいい頃かと思うんですけど

 

実際、ほとんど変わらないです。笑

 

記事を書く時に費やす時間は全く変わってない。

 

上手になるということはそう甘くないってことですよね。

 

まあ野球で考えても

 

初心者が2ヶ月ほど練習しただけじゃ

 

「野球っぽくなってきたね」

 

そう言われるくらいだと思うので、

 

「俺には文章を書く才能が無い、もうやめよ」

 

と言って、

悲観的にならずに

 

"コツコツ積み重ねていくしか無い"

 

そう自分に言い聞かせながら、

 

このブログ続けていくので

 

みなさん

よかったら、これからも応援頂けると嬉しいです。

 

 

では、

 

『ぼくは夢を証明しようと思う。』の本音(2)

 

ということで

 

前回の続きから

 

6年計画

 

僕は札幌の中心に親子で楽しめる大きなカフェをつくるのが夢で

 

その目標が30歳までにってことにしてます。

 

てことで

 

僕は現在24歳なので30歳になるまで、約6年くらいあるわけですが

 

「なんだまだ6年もあるじゃん!」

 

と言って、うかうかはしてられないですね。

 

6年なんてあっという間です。

 

この6年間の内に

 

やっておくべきこと、乗り超えるべき壁があります。

 

それらをしっかりクリアしておかないと

 

いざお店をオープンさせた時

 

結局、出落ちで終わるみたいな

 

なんなら

 

「盛り上がりもしないので、出落ちもしない」みたいなことになりかねない。

 

飲食店ビジネスは激ムズ

 

勢いよく飲食店をオープンする人は世の中に沢山います。

 

しかし、

 

上手く経営ができて、開業から3年以上やっていける飲食店はほんとにひと握り。

 

参考

https://ideasity.biz/rich-shop-poor-shop

 

さらに、

脱サラ・未経験者による飲食店が3年以内につぶれる割合は、90%とも言われているらしいです、、、

 

つまり

 

飲食というビジネスは

 

ほとんど上手くいかない

 

特に素人がやるのは

 

ほぼ無理ゲー!

 

「とりあえずオープンすれば、あとはどうにかなるしょ!!」

 

とか言って、飲食店を見切り発車でやっていくのは危険すぎるのです。

 

ぼく自身、見切り発車大好きだし

ほとんどの事をそうやってきたんですけど、

 

飲食店は別格

 

ほぼ100%と言っていいくらいに事故ると踏んでます。

 

戦略はある

 

じゃあ

 

やるからには

 

3年以上続くお店をつくりたい、

 

さらには札幌を代表するカフェの一つとして育て上げたいので

 

もうガチです。

 

6年間はまるまるその夢のカフェの為だけに生きます。

 

 

勢いだけで飲食は上手くかないのなら

 

ただ闇雲に6年間動き続けてもだめ。

 

戦略がないと意味がありません。

 

どうすれば、

 

「3年以上続くお店をつくれるか。

札幌を代表するカフェの一つになれるか。」

 

それは

 

・経営、マネジメント能力の壁

・資金調達の壁

・影響力の壁

・家族安心の壁

 

これらの壁を6年の間にクリアすることにあります。

 

では次回からひとつひとつみていこうと思います。

 

 

なんだか前回と同じような締めになっちゃったけど

 

まあいいかという感じで、今回はここまで。

 

また明日!

 

前回のぼく夢はこちら

第2話 本音⑴ 〜ぼくは夢を証明しようと思う。〜