厚木ではたらく社長のBLOG

平日21時毎日更新

第2話 本音⑴ 〜ぼくは夢を証明しようと思う。〜

 

f:id:yuuyuu423:20190805043817j:plain

 

 

こんにちは!

 

厚木ではたらく社長です。

 

第1話 ぼくは夢を証明しようと思う。

 

第1話 ぼくは夢を証明しようと思う。

 

ブログ初投稿のこの記事を出してからもう少しで2ヶ月が経とうとしています。

(ぼく夢初投稿日は6月11日)

 

7月2日からは毎日投稿を開始し、ちゃっかり今まで続いていて

 

継続の神

 

と一部地域で崇められ始めました。

 

死んだ後は、人神として北海道神宮に祀る計画も進めています。

 

 

てっきりブロガーみたいになったこの2ヶ月はほんとあっという間で、光陰矢のごとしってこういうことだなと

 

そして

 

今までぼく夢を沢山の方に読んで頂いて、さらにメッセージやコメントもくれる方もいて、まじで何度も昇天したんですが

 

 

最近

 

「ぼくはお金を証明しようと思う。」シリーズを連発しすぎたせいで

 

第1話 ぼくはお金を証明しようと思う。

 

まじでニートになりたい、というかもうすでに僕がニートが流れ出しています。

 

 

一応言っておきますが、その説は間違いです。

 

実際は多分みんなより働いていてニートとは真逆の姿であり、

さらに収入も少ないです。

 

 

下手したら、会社が回らなくなり

資金が滞り、餓死します。

 

まじです。

 

 

じゃあ僕が何故

普通に勤め人をやらず、餓死するリスクをとってまで会社を経営しているのかですよ。

 

 

それは

働かなくてもいいくらいお金持ちになって、ニート生活をして逃げ切りたいから。

 

 

違います

 

第1話 ぼくは夢を証明しようと思う。 

 

この記事で書いた通り、

 

30歳までに札幌の中心に親子で楽しめる大きなカフェをつくるためです。

 

 

実は

 

僕の夢のカフェをつくるために越えなくてはいけない壁が4つあります。

 

 

・経営、マネジメント能力の壁

・資金調達の壁

・影響力の壁

・家族安心の壁

 

こいつらが壁です。

 

これらを乗り越えるために

 

会社を自分でやる必要があったり、

ブログを毎日書く必要があったり、

ニートを目指したり、

まだみんなには言ってないけど、

芸能関係にも進出したりしています。

 

 

全ての行動が

 

30歳までに札幌の中心に親子で楽しめる大きなカフェにつくるに繋がっています。

 

これから数話続けて

4つの壁の話と

何故こんな夢にこだわっているのかを書いていきます。

 

ではまた明日。