厚木ではたらく社長のBLOG

平日21時毎日更新

第58話 幸福のための社会資本

 

前回

第57話 人間は「好きなことが、得意なこと」となるようプログラムされている

https://www.yuya.blog/entry/bokukane57

 

 

 

幸福になるための条件の土台となる

 

金融資産、人的資本とならぶ

 

もうひとつの土台が社会資本。

 

これは人間関係、すなわち"絆"のことであるが

 

金融資産、人的資本と比べて数値化が極めて困難である。

 

しかし、社会資本には、とても大切な役割がある。

 

それは

 

「幸福」は社会資本からしか生まれない

 

ということだ。

 

 

巨万の富を手にしたとしても、そのことを誰ひとり知らなければ、お金はたんなる紙切れでしかない。

 

 

なぜ、"絆"が幸福感を生むのか。

 

これは、「長い進化の過程でヒトがそのようにつくられたから」としか説明できないが、

 

社会的な動物であるヒトは、家族や仲間との深い絆を感じたり、共同体のなかで高い評価を得たときに幸福感を感じるようなプログラムを持っている。

 

 

そう考えれば、

「幸福になる方法」は理論的にはものすごくかんたんだ。

 

 

出来るだけ絆を感じれるよう人生を設計すればいい。

 

 

しかし、はたしてそんなことが簡単に設計できるものなのだろうか。

 

 

そのことを考えるには

 

まず

 

絆とは、人間関係とはなんなのかを知らなくていけない。

 

 

次回は

その辺を詳しく確認していこう。