厚木ではたらく社長のBLOG

平日21時毎日更新

第56話 理想の働き方を実現する戦略

 

前回

第55話 自己実現はキャリアにおける「聖杯」である

https://www.yuya.blog/entry/bokukane55

 

 

前回のぼく金では

 

『いまでは自己実現はキャリアにおける「聖杯」となり、

仕事を通じて自己実現することが人生の目的だとみなされるようになった』

 

というところまで話をした。

 

 

「働くこと」の2つの目標

 

 

人々は自己実現したひとを尊敬し、憧れ、うらやむ

 

 

このようにして

 

 

「かけがえのない自分」がリアルな人生の目標になる。

 

 

こうして、人々は無意識のうちに「働くこと」に2つの目標を設定していることがわかる。

 

 

①人的資本(働くこと)からより多くの富を手に入れる。

 

②人的資本を使って自己実現する。

 

 

そして、

この2つの目標を同時に叶えるのが

「理想の働き方」である。

 

 

理想の働き方

 

 

理想の働き方を実現する戦略は2つ

 

①好きなことに人的資本のすべてを投入する

 

②好きなことをビジネス化する

 

 

ぼくたちがまだ20代だとして、

 

35歳までにやらなければならないのは、

 

試行錯誤によって自分の好きなことを実現できるビジネスに出会うことである。

 

参考

『もし20代で自分の将来に不安を抱えていたら』

https://www.yuya.blog/entry/thema5

 

 

あと、一応伝えておきたいこととして

 

20代では仕事を辞めるということは、限りなく小さいリスクであるので

 

もし

 

自分の成長も感じられなく、給料も少ないという仕事についているのなら

 

さっさと辞表をだして、次の仕事に移るべきだと考えている。

 

もちろん、それであなたがどうなろうと僕が保証することはできないが。

 

 

まとめ

 

今回で

 

幸福になるための3つの条件

①自由

自己実現

③絆

 

のうち

 

自己実現の土台のつくり方までを紹介した。

 

次回は

 

幸福になるための条件

 

「絆」

 

それを手に入れるための土台となる「社会資本」についてはなしていこう。

 

ではまた明日。