厚木ではたらく社長のBLOG

平日21時毎日更新

第22話 社会人のお金の貯め方まとめ

 

f:id:yuuyuu423:20190721214458j:plain

 

資産蓄積、貯金の仕方を

第18〜21話に渡って話をして

 

第18話 結婚・マイホーム・車を諦める

第19話 20代男子が結婚をしないほうがいい理由

第20話 マイホームを若いうちに購入すると勤め人卒業はかなり厳しい

第21話 車での贅沢は法人経費が使えるようになってから

 

人生3大金食い虫

「 結婚・マイホーム・車を諦める」

というテーマで個別に解説してきた。

 

そして今回で

貯金の貯め方シリーズははいったんまとめに入りたいと思う。

 

 

 

では本編へ

 

社会人のお金の貯め方

 

どーやったら貯金が貯まるかというと

結論

「入ってきたお金をほとんど使わないようにする」

 

これで終わり。

 

あとは頑張ってください。

 

 

とはいっても

どうやったらほとんど使わないようにできるか、心構えみたいなものを理解しないと

実際お金を使ってしまうものだから。

 

お金を使うときの心構え、考え方を紹介する。

 

 

前にも言ったことあるけど

ただ漫然と勤め人をやって、漫然と周りの常識に流されていたら

貯金は貯まらない。

 

そしてその常識とは

「昭和的価値観」のこと。

 

「昭和的価値観」とは

”大きいところで贅沢して、小さいところで節約する”

 

車とかブランドものを買うときは

「せっかくならいい方買っちゃえ!」

 

みたいなノリで

1万とか10万、100万単位をそんな気にせずものを買ってしまう。

そして分割でカード切ったり、カーローン、住宅ローン組んだり。

あと賃貸とかも。

 

そのくせに

普段の買い物では

「こっちより、こっちのトマトの方が100円安い」とか

「今日はお昼ご飯食べないで節約しよ」とかする。

 

 

これ完全に逆にしないとお金貯まらない。

”大きいところで節約して、100円とかそのくらいの小さいところで贅沢する

 

 

 

普段の買い物の100円とか200円は実際大した額にならないからね、

月々の安定して出て行くお金、ローンとか賃貸とかそっちを小さくしないと。

 

固定費、安定して出て行くお金の見直しはぜひして欲しい。

 

ついでに言っておくと

人間て大きい買い物であればあるほど

端数って言うのかわからないけど、比例して端数の許容範囲が広くなる。

 

例えば

200円の卵と300円の卵の値段はめっちゃ気になって

いたコンビニから近くのスーパーに移動して買いに行ったりするのに

 

5,680.000円の車を買うとき少し隣町に行けば10万ほど安く買えるのに

10万の違いなどはさほど気にせず即決したりする。

 

そのような心理があるから

大きな買い物をするときはなおさら、気をつけなくてはいけない。

 

 

まとめると

 

”大きいところで贅沢して、小さいところで節約する”

昭和的価値観を払拭しないままでは

 

種銭貯めて勤め人卒業の道は厳しい。

 

 

ではまた明日。