厚木ではたらく社長のBLOG

平日21時毎日更新

「経営者目線を持て」を無視していい理由

 

こんにちは!

厚木ではたらく社長です。

 

これからアナ雪2を観に行きます。

 

f:id:yuuyuu423:20191128210100j:image

 

今日は

「経営者目線について」の話です。

 

みなさんの中で

「経営者目線を持て」という言葉を

上司や社長から投げられたことがある人はいますか?

 

この言葉の真意は

大抵の場合

「会社のために、身を粉にしてでも働け」

 

という社長のご都合主義の言葉です。

なので「経営者目線を持て」は僕の中で嫌いな言葉です。

 

本来、資本家と労働者の利害関係は絶対に一致しません。

 

資本家側は労働者から搾取すればするほど利益があがるから、出来るだけ勝手にやる気だして働いてほしい。

一方、労働者はできるだけ働かずに多く稼ぎたいからです。

 

ということで

「経営者目線を持て」と社長や上司が言いまくる会社にいる人は要注意です。

ブラックの可能性大です。

そんな言葉は無視しましょう。

 

 

やるべきことは

労働時間内は仕事を頑張って、無駄な残業などはせずに即帰宅。

時間、体力、精神力をのこして副業をしましょう。

 

そして、

実は副業では「経営者目線」がとても大切になります。

 

「自分株式会社」という考え方です。

 

続きはまた明日!